« 中部国際空港へのアクセス | トップページ | MRT »

2006年8月 8日 (火曜日)

ANA新路線

沖縄タイムスhttp://www.okinawatimes.co.jp/day/200608081300_02.html
成田―那覇線開設/11月にANA
 全日空(ANA)が十一月一日から成田―那覇間の新路線を開設することが七日分かった。沖縄と北米を直接結ぶ航空路線の新設となり、観光を含めた沖縄への誘客につながりそうだ。ANAの成田と地方を結ぶ国内路線としては八番目で、沖縄発は初めて。
 新路線はボーイング737―700型(百三十六人乗り)が就航。午前十一時四十分に那覇発、午後一時五十分成田着。成田発は午後五時五十五分、那覇同八時三十五分着の一日一往復となる。エアーニッポンの乗員が搭乗する。

 関係者によると、沖縄から国際線に乗り継ぐ客は多いが、乗り継ぎ時間の長さや便数の少なさが指摘されていた。

 那覇―成田路線の開設で、往路は米カリフォルニアやサンフランシスコへの乗り継ぎ、復路は独フランクフルト、英ロンドン、仏パリなどのヨーロッパ路線に加え、ニューヨーク、ワシントンなど北米東海岸から沖縄への乗り継ぎが容易になる。主要国際線への乗り継ぎが容易になり、利用客の需要はさらに拡大が見込めるという。


那覇行きはヨーロッパ線、北米線に接続しますが、成田行きはロス、サンフランシスコ、ホノルルしか接続しません(自社運航便のみ)。これって便利なんですかねえ。

| |

« 中部国際空港へのアクセス | トップページ | MRT »

ニュース」カテゴリの記事

空旅」カテゴリの記事

コメント

往路はあと4時間早い便があると便利なんですけどね。ANA欧米線で最も出発時刻が早いのはJFK行きのNH10便(11:00発)なんですから、09:40にでも着いてくれれば余裕でNRTのMCTを満たします。この場合、OKA発は07:30頃になりますが、既にモノレールも動いている時刻ですし、強ち早過ぎるという事はないと思うんですけどね。

投稿: 五月原清隆 | 2006年8月13日 (日曜日) 23:47

米軍関係者の需要を期待していると思われますが、往復とも接続しているということはハワイや西海岸に行く軍関係者が多いということなのでしょうか?

沖縄発が朝早くても構わないでしょう。基本的に車社会なのですから。

投稿: KUTAMUKI | 2006年8月14日 (月曜日) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANA新路線:

« 中部国際空港へのアクセス | トップページ | MRT »