« 岡山、香川、鳥取 その3 | トップページ | 昨日の出来事 »

2005年4月22日 (金曜日)

またまた病院へ

7日か8日頃、仕事中、右手人差し指の爪の生えている根元付近を切り、出血。処置が悪かったのかそこの傷が悪化し腫れ上がり膿が溜まったり痛みも酷い。9日の土曜だったと思うが、安全ピンで患部を刺したら膿が飛び散った。その後も腫れは引かず、膿は出続けるし痛みも酷い。日が経つごとに患部は見た目も悪くなって行き、爪が根元から剥がれ始めた。21日、とうとう我慢できず病院へ。傷を見せたら「いや~、よくそこまで我慢できましたね。酷さのピークは越えたでしょう」。患部の状況にもよるが、爪を全部剥がすかもと脅される。剥がれかけている部分の爪をニッパーみたいな物で切断。「ギェ~~ッ」と叫んでしまった。全部剥がす必要なし。患部を消毒。飛び上がりそうになった。薬を塗り、ガーゼで覆い処置終了。箸やペンを持つのも不自由な生活を送っています。
今月は魚の骨のことで病院に行ったな。

|

« 岡山、香川、鳥取 その3 | トップページ | 昨日の出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた病院へ:

« 岡山、香川、鳥取 その3 | トップページ | 昨日の出来事 »