« 復活 | トップページ | はやぶさ »

2005年1月 9日 (日曜日)

南の国から その2

翌日はホテルの車で空港まで送ってもらう。空港までは10分ほどの道のり。ドライバー氏には間違った日本語訳をしてしまった。スマソ。
車は空港、3階の出発ロビーに到着。航空券を買わないといけない。全日空のカウンターに行くと無人。9時オープンかと待つが、係員が来る気配はない。ワンフロア下りて2階の全日空の事務所に行ってみるが、鍵がかかっていて開かない。3階に戻り、同じカウンターで勤務をしているSQ代行の係員に聞くと11時からオープンだそうな。飛行機の出発時間が11時なので待っていられない。アシアナのカウンターで名古屋経由の東京往復(復路オープン)を購入。航空券は最近見かけなくなった赤いカーボンの航空券だ。新しい空港でまだ現役だとは。青春18の赤券を見つけたような気分だ。運賃は税込みで7万円ちょっと。
SAG所持しているのでビジネスクラスのカウンターでチェックイン。予約時、なかなかOKが出なかったビジネスクラスに空きがあるかと聞くとあるらしい。航空券を買ったカウンターで差額を払い、チェックイン。ビジネスクラスの搭乗券を手に入れた。差額は日本円で11533円であった。もらった搭乗券は名古屋までの1枚。名古屋→成田は名古屋でチェックインして手に入れるのであろう。
セキュリティーチェックと出国はものすごく混雑。セキュリティーチェックは靴を脱がされ、出国するまでに30分ほどかかった。まだ搭乗まで時間があるのでラウンジへ。今まではシンガポール航空の「シルバークリス」を使っていたが、今回は「アシアナラウンジ」を使ってみる。ワンフロア上がるスタイルは「シルバークリス」と同様。ここも「シルバークリス」よりも種類は少ないが、若干ながら食料がある。サンドイッチ、お粥、フライドポテト、スクランブルエッグ、オレンジジュースで朝食とする。腹が満腹になったところで搭乗口へ向かう。

| |

« 復活 | トップページ | はやぶさ »

空旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南の国から その2:

« 復活 | トップページ | はやぶさ »